茶処 掛川よりこだわりの深蒸し茶

静岡から産地直送!納得の価格・満足の品質・お茶の業務販売

個人様通販ご利用の方へ

静岡茶
茶器
ティーバッグ
給茶機用・粉末茶
紅茶
珈琲
アラカルト・こぶ茶
業務販売専用の
ご注文方法
電話
フリーダイヤル(TEL):0120-588-166
受付 / 平 日 8:10〜17:30
土曜日 8:10〜17:00
----LINE-----
FAX:24時間受付
フリーダイヤル(FAX):0120-588-199
----LINE-----
インターネット:24時間受付
www.ochasenka.co.jp
HOME > 美味しいお茶の淹れ方

おいしさの秘訣は淹れ方から

「産地のお茶の美味しさを実感する」には、淹れかたが大切です。茶葉の量と湯の温度などで微妙に変化しますので、美味しく飲める淹れかたをお伝えします。参考になさって産地の茶の美味しさを存分に味わってください。

ライン

煎茶 玉露(近日公開) 中国茶(近日公開) 紅茶(近日公開)

ライン

煎茶
煎茶の美味しい淹れ方
注湯 1.茶葉に合わせて適温に
湯冷まし、又は湯のみに熱湯(もしくはポットのお湯)を注ぎ入れ、適温になるまで(50℃〜80℃)冷まします。
(湯冷ましに移しかえると1〜2分程度で温度が下がります。)上級茶ほど湯温はぬるめにしますと、アミノ酸がたっぷり抽出され、まろやかな深い味わいが楽しめます。
茶葉を入れる 2.人数に合わせて茶葉の調整
茶葉の料は一人分で約3g。少人数の時は一人分の量を少し多めに、大勢の時は少なめに。(5人分では約10g)
茶葉を蒸らす 3.茶葉を蒸らす
茶葉を入れ湯冷まししたお湯を急須に注ぎ、お茶が浸出するのを待ちます。この時急須を揺すると水色は濃く出ますが、甘みはやや少なくなります。
お茶を淹れる 4.最後の1滴まで丁寧に
お茶がでたら、どの湯のみにも濃度が均一になるように順に廻し入れ、最後の一滴まで丁寧に注ぎきります。(一煎目を注ぎきることが二煎目をおいしく入れる秘訣です。)二煎目は湯を入れてから10秒程度の蒸らしで十分です。